初体験
     20130319.jpg

昨日の朝新聞を開くと

福岡市のデンタルクリニックが倒産した記事が目につきました

規模を広げ過ぎたことが原因のようです

インプラントを売りにしたクリニックは

治療を希望している人たちから代金を先取りしていたのに

多額の治療費を踏み倒しての倒産

被害者代表の人は「全額前払いすれば何万円か安くする」

との言葉に300万円もの大金を払ったそうです

その人は「美味しいものを食べて老後を楽しみたい」

との思いで支払ったとか

そんなにお金持ちなら、なにも何万円か安くならなくても・・・・

とお気の毒に思いました



折も折というか偶然というか

昨日はわたしもインプラントの手術を受ける日だったのです

4年か5年前まで

痛くならなければ歯科へは行くことがありませんでした

そのたびに歯科医からは

「少なくとも半年に一度は歯石を取りに来るように。 さもないと歯槽膿漏になる」

子育てや仕事、家事などなどで忙しいうえに

「シソウノウロウって年寄りがなるんやろ?なんで私が?」

その頃ちゃんと説明してくれてたら・・・・


歯磨きをきちんとすればいいとやろ?

横着に構えていた愚かなわたし・・・

自分では気が付かないけれどレントゲンで見ると

最早月1のケアでは間に合わなく歯を支えることが出来なくなっていた・・・


今回治療する歯科医院は患者の負担(治療費)を考えてくれて

最小限の本数に止めてくれ

スイス製のチタンと日本製のチタンと

それに実際上に載せる歯も金属か陶器か

4通りの組み合わせで計算してくれた


わたしは身分をわきまえて日本製を希望したけれど

だけど、スイス製のチタンだって研磨する機械は日本製だという説明を聞くと

なんだかホッとした


友人にインプラント治療することをメールで知らせると

「大丈夫なの?わたしの周りに結果が良くなかった人が何人もいるよ」

と心配してくれた


術前に掛りつけの内科医への問い合わせ

いちばん新しい血液検査結果と心電図を提出

CTスキャンで骨の量も問題なかったので

よかった~

だって骨の量が少なければ足さなければいけないみたいで

そうなるとそれもプラスされるのではないかと内心冷や冷や


顔と胸にはゴム製のものが掛けられ周りはなにも見えなかったけれど

(今、穴を開けている)

(チタンを埋め込んでいる)

想像が出来た

手術そのものは30分ちょっと

後半少し痛みを感じ

終了後に「痛くありませんか?」に

「ちょっと痛いです」

その場で渡された痛み止めを飲み

別室でレントゲンを撮るとそれはもう診察室のパソコンに送られていた


術前に見たパソコンには写ってなかった場所に2本のチタンが確かにあった

抗生剤、消炎剤、痛み止め、うがい薬をもらい帰宅

なんだか気疲れしてしまって出来あいのお惣菜を買いに行き

冷凍庫のご飯をチン、汁ものだけ作っての大手抜きの夕食でした

夜にはすっかり痛みも引いたけれど、念のために痛み止めを飲んで休んだ・・・


今日は洗浄、来週抜糸です

「昨日は痛くなかったですか?出血はなかったですか?」

「いいえ」

先月歯を抜いた時も痛み止めを飲むことなく

治療は丁寧かつ慎重で不安感はない

インプラント専門の歯科衛生士が言うには

「副院長は慎重過ぎなんですよ」

・・・・と

歯は2ヶ月後に入ります

そしてそれが落ち着いたら右下にも2本のインプラント




ツクシはケイゴが食べたいと言うので甘辛く煮ました












【2013/03/19 18:40】 その他 | トラックバック(0) | コメント(2) |
巨大つらら
     20130316.jpg

憧れの雪の合掌造りを見れるという大きな期待と 

上手く写真が撮れるだろうかとの不安を抱き

臨んだ飛騨旅行


”雪のない豪雪地の旅”という思いもしなかった結果に終わったけれど

でも、終わり良ければすべて良しのたとえのように

最後の立ち寄り先飛騨鍾乳洞で思わぬ光景を目にしました

          2013031602.jpg

ここを出発した後一路中部国際空港へ

ほんのちょっとしか雪が載っていない合掌造り

手持無沙汰の雪吊り

だけどデザートには満足でした

 


【2013/03/17 20:13】 思い出 | トラックバック(0) | コメント(2) |
忘れられないこと
     2013013101.jpg

日本史に残るに違いないあの日から

今日で2年

テレビも新聞もそのタイトルが目につきます

遠い九州のわたしには想像出来ない体験をされた方々

言葉がありません・・・・



去年の秋

長年の願いだった飛騨地方へのツアー参加の後

毎回、宿舎(?)にしている親友の家から近い義弟を訪ねました

義弟とそのファミリーと昼食を共ににした後

義弟が和菓子店に連れて行ってお土産を持たせてくれました

和菓子は義弟の長兄つまり我がおっとの好物です


店を出た後

10万石とは何んというお城なんだろう?

たとえば

加賀藩100万石とか

黒田藩50万石とか

・・・・え~?佐賀鍋島藩は何万石だったっけ?

義弟にそのことをたずねたら

訊きに戻ってくれました

結果

「解らないって」

どうして?

お店で売っている商品の由来が判らないの?

店舗の壁に貼ってあったポスター

何だろう・・・?

義弟と義妹が言うにはちょっとした話題になっているとか

”のぼうの城”のポスターでした


その後、宿舎の友人の説明とインターネットで得た情報

のぼうの城=忍城

石田三成の水攻めにも落ちなかったので

受験生にとって神様らしい・・・・


お菓子も美味しかったし

そんなエピソードがあるのなら観に行こう




この映画の公開は予定よりずっと遅れました

それは水攻めのシーンがあまりにもあの日に重なってしまうから・・・

もちろんCGですがそれだけに不気味だと感じました



広島や長崎への原爆投下は

知ってはいるとは言っても、知識だけ

5年後の、10年後の今日

どうか復興が進んでいますように・・・・


【2013/03/11 20:40】 思い出 | トラックバック(0) | コメント(4) |
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する


| ホーム |