散歩道で フラワー・ウォッチ
    hana01.gif

    hana02.gif

タンポポにも種類がいろいろあるのですね♪
花びんに飾れるような背の高いもの、花が小さいものなどなど。

このタンポポは地面からいきなり咲いたように這いつくばっています。
なので写すとき私も寝っころがらなければいけませんでした。

誰も通らなかったからよかったけど、見られたら恥ずかしいわ~。

    hana03.gif

広すぎて手入れが行き届いていない感の庭にはムスカリの群生が、そして

    hana04.gif

その側で白い蕾をつけたこれは?
木肌は桜にも見えるけど、こんな桜はないよね?
桃かな。

    hana05.gif

春の使者ネコヤナギ。
この前通ったときはふんわりと柔らかそうだったのに今日は先っちょに黄色いものが。
これって花?

    hana06.gif

前回、アヒルがV字の波を立てた堀の岸では桜がいつでも咲けるよとばかりにスタンバッていました。


だけどこのあと急に冷え込んだので蕾は??と戸惑ったかも知れません。
【2008/03/29 11:07】 | トラックバック(0) | コメント(8) |
散歩道で 野鳥ウオッチ
    bird03.jpg

    image.gif

「ホ~ホケキョ♪」
2,3メートルの至近距離で鳴いているのに姿が見えないもどかしさ。
いつかのウグイスはまだ下手な鳴き声だったのにずいぶん上達したものです。

頭上から「チッ、チッ」「チュ、チュ」と聞こえます。

朝、夕の散歩がさわやかな季節になりました。
起きぬけだって、もうダウンのロングコートは要りません。

田舎暮らしなので周りには自然がいっぱい!
ここは池ともいえない農業用水の堀ですが、アヒルの家族が住み着いています。

彼らが泳いだ後にはV字に波が広がってきれいだな~と見とれてしまいます。

    bird04.jpg

    bird07.jpg

名前を知らない鳥ばかりですがこれはもう地元のものなら誰でもが知ってるカチガラス。
先日マイホーム建築中の様子をご紹介しました。

    bird01.jpg

「アッ、今のはジョウビタキ?」
あっという間に飛んでいきましたた。

ハト、スズメでないことを確かめようともたもたしているうちに逃げられてしまいます。

草むらで見つけた、これはヒヨドリ?
    bird08.jpg

野鳥の研究家だった友人のお舅さんがご健在だったらお聞きしたいことがたくさんあったのに。
   


【2008/03/27 11:40】 ペット | トラックバック(0) | コメント(10) |
春の香り
          mimoza01.jpg

終日雨だった昨日はゆっくり出来た一日でした。

カエチャンのブログに誘われてケーキを焼きました。
たまたま晩白柚(バンペイユ)でジャムを作っていたので。

去年初めて晩白柚でジャムを作ったときとても美味しくて、それまで嫌いだったジャム類も素材によっては食べれるようになったのですが・・・。

今回のは去年のとは出来が違うような・・・・?

タイミングよくケーキが焼きあがった頃従妹が来ました。
クリスチャンの彼女は「イースターだったから」
とゆで卵と庭に咲いたミモザの小枝をもって来てくれたのです。
彼女はジャム作りの私の先生でもあるのですよ。

彼女にもあげようと小分けして準備していたジャムを見せると
「これジャムじゃない!」
「え~!!(ToT)/~~~じゃ~こっちは?」
とハッサクで作ったほうも見せると
「美味しいけど煮ただけ。ジャムじゃな~い i i i i i i 」

どうも砂糖が少ないみたいなのです。
こんなに甘いのにもっと入れるの?

だけどバンペイユ入りのパウンドケーキはしっとりとして美味しく焼けていましたよ♪

ケーキを焼こうと思ったのにはもうひとつわけがありました。
”京さん”が桜の器でお茶しておられたのでまねしたんです(#^.^#)

毎年桜が咲いてから思い出して出し、すっかり葉桜になった頃に仕舞うというグウタラ主婦なのに今年は京さんのおかげで早めにお花見が出来ました。

作家物ではありませんが引き出物にいただいたお皿セットとカップは気に入っています。

春を運んでくれるミモザの花、いつも遠めに眺めていただけでしたが今年はこんなに近くで見ることが出来ました。

    mimoza02.jpg

そして、そしてもっと近寄ると
    mimoza03.jpg

ひとつひとつが放射状になった小さな花がたくさん集まっているんですね。

これも今朝Passyさんのところで知ってすぐに確かめたのです。
Passyさんはマクロレンズなのですが持ってない私は接写レンズで写しました。

私ってよそで見ていいな~と思ったら真似てみたくなるんですよ(ノ_-。)
今日は3人のブログ友達に影響されました。

ありがとう~そしてこれからもよろしく~♪
【2008/03/24 14:35】 | トラックバック(0) | コメント(10) |
銭太鼓
    ogouri02.jpg

一月に1回とか2回の習い事なのにそれが全部この週に集中した今週は多忙でした。

その上、母が胃と大腸の検査も受けたのでそのための食事の管理やクリニックまでの送り迎えetc.。


赤と白の房がついた円筒形のものは”銭太鼓”です。
筒の中には5円玉が入っていて、たたいたり振ったり、持ち替えたりする度にシャカシャカ、カチャカチャ音が出ます。

一昨年の春に習い始めた銭太鼓の発表会が昨日ありました。
公民館活動の一環として、そこを利用しているいろんなサークルが学校の文化祭みたいに作品展を開催するものです。

銭太鼓は私たちの他にもサークルがあってそのメンバーは午前のトリ。
ベテラン揃いのそのグループは、演技も表情掛け声もバッチリで拍手喝采だったのですが・・・


去年は初出場だったわりには失敗もなく大好評だったわがチーム
今年は目立つ前列3人がてんでばらばら、私もその1人なのですが。

もう笑いでごまかすしかありません。
せっかくの大トリだったのに・・・・・ショボ


眼が覚めると雨。
今日こそは時間をかけて食事作りをしよう。

たまに降る雨って好きです。
そわそわすることなく家のことが出来ますから。





    ogouri01.jpg


今年はこんなだしものもありましたよ♪
【2008/03/23 12:07】 習い事 | トラックバック(0) | コメント(4) |
ストール
    suto-ru01.jpg

出来たてほやほやのストールです。
すぐに編めると侮っていたのに意外にてこずりました。

    suto-ru02.jpg

大きなコサージュとフリンジがポイントです。

    syto-ru02.gif

一見普通の長方形ですが角から目を増やしながら編み、角に来たら今度は減らしながら対角で編み終わります。

石垣編みというこの技法、端っこに来たときが悩みでした。

もうすぐ桜便りも届く今となっては押入れの中で永い眠りに入ることになります。



【2008/03/21 20:53】 編み物 | トラックバック(0) | コメント(6) |
赤・白・黄色♪
春爛漫の日々が続いていましたが昨夜は春の嵐のようでした。
一晩中換気扇がカタカタと鳴っていました。
    aka01.jpg

    aka02.jpg

    aka03.jpg

赤   ツバキ?サザンカ?
     地面に落ちているのは花ごとなのでツバキかも知れません。

白   モクレン?それともコブシ?
    ひとつひとつの花は他で見る花よりもびっくりするくらい大きいです。

黄   ミモザ
    花の区別がつかない私でもこらだけは知っています。


    aka04.jpg

ピンク   たぶんコブシだと。

どの花も散歩の途中で見た花です。
だけど昨夜の風で今朝はもう散ってしまったかも知れません・・・・・

【2008/03/20 10:59】 | トラックバック(0) | コメント(4) |
ボクらは一級建築士
    karasu01.jpg

ここは地上12,3メートルの電柱の上です。
今カチガラスの夫婦がマイホームの建築中です。
巣からはみ出ている尻尾が見えますか?

歩いていて道路に細い枝や枯れ草が大量に落ちていることがよくあります。
そんなとき、見上げるときっとカチガラスが巣作りの最中です。

    karasu02.jpg

材料を調達しに何度も出かけます。
いつも疑問に思うのですが、最初の一本の小枝はどこに使うのでしょう?
やはり基礎工事は大事だと思うんですよ。
    karasu03.jpg

ほら!小枝を咥えているでしょう?

カチガラスは佐賀県の鳥です。
白と黒の2トーンカラーのカチガラス、わが家の庭にもマロンのごはんを食べに毎日来ます。

もうすぐ完成予定の巣はきっと撤去されることでしょう。
なぜなら停電の一番の原因なのですから。

    momo.jpg

すぐ傍にある小さなお社の桃の花が咲き始めていました。
【2008/03/17 20:24】 ペット | トラックバック(0) | コメント(6) |
神話の里
    takatiho01.jpg

    takatiho02.jpg

清めの水を使って門をくぐれば目の前はお社でした。
天照大神を祭ったお社です。
神官の案内で見学しましたが岩戸川の対岸の天岩戸にはがっかりしました。(罰当たりな・・・・)

そこだけは撮影禁止となっていましたが、そうでなくても写しようがありません。
山があってくぼみがあるだけですから。

    takatiho03.jpg

   takatiho04.jpg

神社といえばおみくじですね。
ここにもおみくじの花が咲いていましたよ。

先月、嬉しくて報告しましたバス旅行に参加してきました。

    takatiho05.jpg

一番下が暗くて見えにくいのですが、橋の三重奏です

    takatiho06.jpg

    takatiho07.jpg

高千穂峡といえばこの景色ですね~
真名井の滝・・・日本の滝百選にも選ばれています。
両岸の切り立った岩、仙人の屏風岩は12万年前と9万年前の阿蘇の噴火によって出来たらしいのですが、10万年以上も大昔の出来事なんてどうして分かるのかしら・・・・・???
わたしは明治時代以前のことは信じられません。

    takatiho08.jpg

そして天岩戸でも高千穂峡でも目立ったのが東国原知事のイラスト入りののぼり旗でした。
どのお土産品にもかれの顔がくっついていましたよ。

宮崎県は彼のおかげで一挙に豊かになったのでしょうね~

【2008/03/14 20:00】 お出かけ | トラックバック(0) | コメント(2) |
春の訪れ
     urara02.jpg

今週になって暖かい日が続いています。
車の中はクーラーが要るくらいです。

そのせいか近所のサクランボの花があっという間に開き始めました。
サクランボはソメイヨシノにくらべて一月くらい早く咲いているようですが、今年は寒かったためもあっていつもより少し遅いな~と思っていたところでした。
     
     urara01.jpg

サクランボの花を写しにいってる間、オーブンの中にはパンが入っていました。
形は違いますがどれもカレーベーコンロールです。
左のものはなんだかダルマみたい・・・・芯の部分が飛び出したようです。

     urara03.jpg

花壇のダイコンとラディッシュがこんもりと森のように茂っているので少し間引きました。
小さくてもほら!ダイコンとラディッシュでしょ?

サケの塩焼きに付け合せたら夫も母もクレソンだと思ったようです。

【2008/03/12 16:18】 四季 | トラックバック(0) | コメント(8) |
Tango

タンゴは聴くのも見るのも好きです。
踊るのももちろんジャンルの中では一番好きですがわたしの場合はダンスと言えるかどうか・・・・

先生から「おばさん歩きしないで!盆踊りじゃないよ!!」
とおこられるたびに
「おばさんなんだからしかたないじゃないの」
とふてくされたものです。

もともと運動神経が鈍い私はどんなスポーツをやってもだめだけどダンスだけは音楽が付いてることもあって昔から好きでした。
「好きこそものの上手なれ」とはいうけれど私の場合はどうでしょう・・・・・・
「下手の横好き」でしかなかったみたい(*- -)(*_ _)

芸能人が短期間で上手になる番組がありますが、時間とお金をかければわたしもも少しどうにかなったかな?

ほんの思いつきでつけたハンドルネームでしたが、もっと違うtangoにすればよかったとちょっぴり後悔。
「青いタンゴなんてないよね・・・・」って。

そしたらあったんです。アルゼンチン タンゴですけど。

【2008/03/11 16:43】 趣味 | トラックバック(0) | コメント(10) |
歴史と万葉の里
     海

ベゴニアハウスから少し登ると鏡山です。
ここは唐津城と並んだ二大観光スポットです。

唐津を舞台にしたドラマには必ずと言っていいくらいこの鏡山が出てきます。
なんとも情けないことにこの鏡山、島かと思っていました。
ドラマで見る鏡山は海から写しているのか、てっきり江ノ島みたいなところだと思い込んでいたのです。
他県から嫁いできた友人がわたしよりはるかに佐賀を熟知しています。

晴れた日には遠く壱岐の島が見えるらしいのですよ。

   imageさようた

日本三大伝説のひとつ佐用姫伝説のヒロイン佐用(さよ)姫の像です。
愛する人との別れを悲しんで7日間泣き続けた佐用姫は石になってしまったそうですが別の説もあるんだとか。
過去にはとらわれない(というか歴史を探訪しない)わたしには万葉のいにしえのことはよく分かりません。

     鏡山

寒緋ザクラがもう間もなく開花しそうです。

【2008/03/09 21:30】 お出かけ | トラックバック(0) | コメント(4) |
ついでに
     image01.jpg

     image03.jpg

     image07.jpg

雪の山道を通って滝枝垂れ梅を見に行ったときたまたま”花めぐりスタンプラリー”という企画があっていました。
せっかく来たのだから他も見ようということになって・・・・

知らない人が聞いたらきっとびっくりされるのでしょうが、わたしは好き嫌いが多いのです。
ことに果物と花はそれがはっきりしています。
もしかしたら好きな方が少ないかも。

ベゴニアは嫌いな部類でした。
なぜかと訊かれたら「ただなんとなく」
としか言いようがありません。

このハウスに入った瞬間から自分の無知さを思い知りました。
プランターや鉢で見かけるものとは全く別なものがそこにはあったのです。

     image05.jpg

     image04.jpg

     image06.jpg

バラかと間違えそうな華やかなもの、ブライダルブーケにしたら素敵だろうなと思うようなものなどなど。

説明によると
ベゴニアは必ず雄花と雌花がセットになっていて、花びらの数が多くてきれいな方が雄花だとか。
それと葉っぱをよく見ると葉脈が左右対称になってないのです。

蕾はまるで帆立貝のように外側の2枚の花びらがぴったり閉じていて、それが少しずつ開いていきます。

ハウスの入り口には販売用の鉢が並べられていましたが、こちらはやっぱり好きな花ではありませんでした。

【2008/03/08 13:48】 お出かけ | トラックバック(0) | コメント(8) |
花と雪
     snow03.jpg

     snow02.jpg

いきなり雪景色です。

1週間ほど前の新聞に、あるお宅の庭の滝枝垂れ梅を紹介していました。
見学できるとのことでしたので友人と観に行ったのですが・・・・。

唐津の浜玉町へのルートはいくつかあります。
一昨年の秋やはりその時もいっしょだった友人と見た、ダム工事現場のその後を見ようと選んだルートだったのですが・・・・・

「だいじょうぶかしら?」
との友人の言葉に
「?・・・・・雪?」
「そう」

実はその日の天気予報は雪マークが付いていたのですが起きてみると降ってない。
それで決行したのです。

すれ違う車のフロントガラスや屋根には雪が載っています。
そのうちに道路脇にすごい量の雪の塊がずらり!

途中にチェーン使用の注意が見えました。
出る時はいいお天気だったし第一わが家にはチェーンもスノータイヤもありません。
ちょっとでも雪が積もれば運転しませんから。

ルート変更を何度も考えましたがUターンする場所がないのです。
道路そのものは広いけど両脇と中央部分の雪がじゃまになって。

対向車でチェーンを着けた車はないので「行こう」と前進しました。
もちろんゆっくり運転です。

雪の重さで竹や木々がしなっているのが方々に見え、木のてっぺんからサラサラサラ~~と滑り落ちる雪に「すご~い!!」
を連発しながら止めて写真を撮りたいけれど車を寄せる場所がありません。
ダムも見ることが出来ませんでした(がっかり)

ようやく雪が少ない箇所でちょっと一休みです。
2枚目はこんな雪見たの初めてでちょっとびっくりしました。


   ume01.gif

思いもかけない景色に出会ったので肝心なものがやっと登場です。
     ume02.jpg

     ume02.gif

            ume03.jpg


樹齢56年の、まさに滝枝垂れの名の通り暖簾のように長く垂れた八重の梅の花はみごとなものです。
この梅の後ろには樹齢103年のやはり滝枝垂れ梅もありました。
だけど去年の暑さで枯れた枝もあり、最盛期の写真と比べると可哀想な姿でした。

雪の山道からわずか1時間ちょっとなのにここはもう春。
見物者のための駐車場になったというブドウ畑の跡地にはつくしが顔を出し始めていました。

【2008/03/06 19:51】 お出かけ | トラックバック(0) | コメント(8) |
挑戦
    pan02.jpg

今年は極力パン屋さんへは行かないと決めています。
先月風邪気味だったときを除いて自分との約束は守っています。

いちばん頻繁に焼くのはなんといっても食パンなのですが。
最近はテキストを見て、材料さえあれば初めてのものでも挑戦しています。

一見、普通の山型食パンに見えますが、ヨーグルトブレッドです。
2年以上前に教室で習ったきり、家では初めて焼いてみました。

疑問に思うのですが、このヨーグルトパンや四角い食パンは、普通の山型食パンと比べて粉の分量がなぜ2倍近く多いのでしょう?
機会があったら先生に聞いてみなくっちゃ。

焼きあがったヨーグルトブレッド、ずっしりと量感があって、いつもと同じ厚さでは食べきれませんでした。

    pan03.jpg

パン教室で最初に習ったことは、
①・・・・分量を正確に
②・・・・仕込み水の温度を正確jに

でしたが、途中でテキストに知らない材料があったことに気付きました。
それぞれ1.5gかそこらの微量なので大胆にも無視することに・・・・・
もしかしたらそれが肝心なものかも知れないのに。

布に載せて発酵させたフランスパンを鉄板に移すときいつも失敗してしまいます。
もともと成型も上手くいっていなかったのに移しそこなって、その上クープも入れ損ないました。

最大の失敗は霧吹きを準備しているのにもかかわらず一度も掛けなかったことです。
あ~あいつになったら上手く焼けるようになるのかしら・・・・・
【2008/03/04 20:53】 パン | トラックバック(0) | コメント(10) |
Jazz♪
♪大好きな曲です♪
    

もともとクラシックヴァイオリニストだった寺井尚子さんは
「あるときヴァイオリンを弾くのが嫌になった。
だけどジャズと出会いジャズバイオリニストに転向した」
ということをなにかの番組で聞いた覚えがあります。

ジャンルは違ってもさすがに素晴らしい表現力だと音楽の知識に乏しいわたしでも聴くたびにときめきます。
ひとりでの運転中はCDをかけっぱなしなんですよ。

You Tubeの存在を知ったのはカエチャンのおかげです。
これからはタンゴも楽しみたいと思います。
【2008/03/02 12:52】 趣味 | トラックバック(0) | コメント(8) |
一輪だけ
    meziro03.jpg

リビングから見えるお隣のサザンカにひとつだけ花が付きました。
なんだかそれ以上は開かないのでは・・・・と思っていたら少しずつほころんでいって、ほっとしました。

一昨年くらいまではこの蜜を求めて来ていたメジロは今年はサザンカの小枝や細い棒に刺したミカンを食べに来るようになりました。

「たくさん花が咲いていたらミカンには見向きもしないだろうね」
とおっとは言うけれど、メジロはどちらを選ぶでしょう?

私の朝はけっこう忙しいのですよ。
散歩から帰るとマロンのごはんとお水、皮だけになたミカンを新しいミカンと交換。
そして私たちの朝食の準備です。

    meziro01.jpg

    meziro02.jpg

庭のハッサクの枝にミカンでなくハッサクを刺してみました。
来た来た♪

だけどそれほど甘くないハッサクは好みでないようです。
少ししか食べていません。

朝といわず昼といわずミカンに来る2羽のメジロは、窓さえ開いていたら触れる距離なのにいつになったら逃げなくなるのだろう。
今も私の目の前でミカンをつついているのに。
【2008/03/01 12:01】 | トラックバック(0) | コメント(4) |
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する


| ホーム |